お知らせ

COFAB×こまつ果樹園「りんごの料理教室」満員御礼!

COFAB4月のワークショップ「りんごの料理教室」を開催しました!

初めての試みで「料理教室」というスタイルで行ったワークショップでしたが、午前と午後の回で計12名の方にご参加いただき、須賀川市浜尾にあるこまつ果樹園の小松純子さんを講師として迎え、「りんごのグラノーラ」「りんごジャム」「焼きりんご」「塩りんご」の4種類のレシピを伝授していただきました!


旬を過ぎてしまったりんごは加熱することで一層美味しく頂ける!

ぼやけてしまったりんご“は加熱するのが一番おすすめの食べ方なんだそうです。
単純に美味しくなるから、という理由だけではなく、りんごは温められると、さらにおなかに優しく変化するんです!
“プロトペクチン“という不溶性食物繊維(水分を吸収する食物繊維でキノコ類や穀物などにも含まれている)が熱によって水溶性食物繊維のペクチン“(水に溶け、血糖値の急上昇を防ぐなどの働きがある)に変わるのだそう。
そして、ペクチンに含まれている“オリゴ糖“(善玉菌のごはん)もより活発に増加。ちょこっと聞くだけでもおなかに優しいことは間違いないですよね。
優しさのかたまりと言っても過言ではない“りんご“。食べても体にいいことしか起こらない、実に感動的な果実です。


加熱したりんごの効果は、便秘解消、美肌、アンチエイジングなど

女性の体に良いことはもちろんですが、全ては“腸内環境を整える“という点に集約されます。腸が元気になれば、あらゆる大病の予防にもつながるんです。
ちなみに“プロトペクチン“は皮と身の間に存在するので、皮ごと調理がベスト。
小松さんのレシピも焼きりんごや塩りんごは皮をむかずに調理していました。
加熱したりんごはさらに甘さが際立ち、余計な甘味料を使わなくて済むので、罪悪感の少ないスイーツになります。

それぞれが好きな方法で楽しむことができるりんご

果物アレルギーがある、という方はくれぐれも無理のない程度でお願いしたいところですが、味は好きだけどシャリっとした食感が苦手、という方には柔らかくトロリとした加熱りんごはおすすめです。
半年を過ぎた頃、再びやってくるりんごの美味しい季節。
小松さんの美味しいりんごの楽しみ方や知恵が詰まった会は、参加していただいたみなさんに大変満足していただくことができました。そして小松さんといえば、
「こまつ果樹園のドライりんごやフレッシュジュースの大ファン!」という方が多いのではないでしょうか。
今回こまつ果樹園さんについてのお話もたくさん聞かせていただいたので、「COFAB×クリエイター」のシリーズ枠で改めてご紹介したいと思います。
みなさんぜひチェックしてみてくださいね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こまつ果樹園
住所:須賀川市浜尾字舘125
TEL:0248-61-9758
Facebookこちら

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*